ネットビジネスで圧倒的自由を手に入れた男のブログ

ネットビジネスで稼ぐ秘訣をお伝えします!

本当の情報商材の使い方はとは?

こんにちは、金井です。

アフィリエイトや情報ビジネスなどのネットビジネスで稼ぐために、情報商材で勉強するという方は多いです。

もちろん私も情報商材を買って勉強して稼ぐための知識やスキルを習得してきました。(現在進行中)

中には何千万円のお金を投資している人もいますが、あなたにも同じことをしろとはさすがに言えません。

一般的な場合ですと、アフィリエイトや情報ビジネスで稼ぐために情報商材に投資する人は数万円から数十万円といった単位で情報商材に投資しています。

数万円から数十万円というのが情報商材に投資する金額のリアルなところだと思います。

 

★大事なのは投資金額ではない

 

f:id:hiroto0607:20170623184434j:plain

 

アフィリエイトや情報ビジネスなどのネットビジネスで稼ぐために重要なことは、情報商材にいくら投資したかということではありません。

情報商材を買っただけで実践も何もしない方がいますが、これは本当に勿体ないことです。

せっかくお金を出して知識に投資したのですから、その情報商材完璧にインプットして人に説明できるくらいまでにならなければ買った意味がありません。

PDFならプリントアウトして持ち歩けますし、気づいたことがあれば書き込んでいきオリジナルの情報商材にしてしまうのです。

これは今後あなたが情報ビジネスで自分の商材を販売するときに大きな威力を発揮することになります。

例えば、あなたがつまづいたポイントやあなた自身が取り組んでいて「もう少しこの辺の解説が欲しいな…」と感じたところをメモしておいてそれをあなたが作る情報商材に反映するのです。

そうすると、その商材はあなたが購入したものよりもクオリティの高いものになります。

音声タイプの教材だったら完全に講師の話を暗記するくらい聞くことで話の内容だけでなく思考の流れすらコピーしてしまうからなんです。

ここまでくれば成功するのも時間の問題なんですよね。

 

★スクールの場合

f:id:hiroto0607:20170705192734j:plain

 

スクール形式ではPDF教材や音声教材も配られることも多いので、基本的な使い方は前項までで挙げたことでOKです。

スクール形式の場合だと直接主催者の話を聞けるタイミングが用意されています。

もちろん映像講義がメインになることが多いのですが、定期的に直接スクール主催者に会えるセミナーであったり、懇親会などがあったりするものです。

直接会うことでモチベーションも上がりますし、他の参加者と交流を持つことができるのでいい刺激を得ることができるでしょう。

会うことでしか得られない部分があるので、画面からでは伝わらないいい影響を受けることができるのです。

ということで今回は情報教材の活用方法についてお伝えしてきました。

あなたに合う方法でネットビジネスを学び、最短最速で成功できるように頑張っていきましょう!